ルータ利用時の部屋立不可
■掲示板へ戻る■ 全部  1-▼ラスト

1 :部屋主 2004/06/08 (火) 17:15
技術的な質問なのですがルータ利用時の部屋立不可の原因となっているループバックとは
具体的にどういうことなのでしょう?
自分のマシンにアクセスしたいときに利用するプライベートIPの127.0.0.1がループバックアドレス、
というのはわかったのですが、、。
2 :すし屋 2004/06/09 (水) 00:13
ループバック問題は、ローカルのPCから自分のグローバルアドレスに対して通信が出来ないルータで発生します。

WAN IP ⇔ NATルータ ⇔ LAN IP

の構成で、LAN内のPCからWAN IPを指定しても静的NATで指定したサーバに対して通信が出来ない場合です。最近販売されている多くのルータはセキュリティーの観点から、WANアドレスに対するLANアドレスからの通信は受け付けない仕様のものが大半です。(LAN IPに偽装する不正アクセス防止のため。)

WinMXはチャットの主催者も構成上は他のメンバーと同じ扱いになっており、部屋を建てたときにWANアドレスを指定して入室します。しかしループバック問題のため主催者がクライアントとして入室できなければ部屋は終了します。(主催者が退室すると部屋は終了する仕様。)

ループバック問題を抱えたルータでも部屋を建てる方法がいくつかあります。

1.RCMSのループバックアドレス変換機能を使用する。
2.NICにグローバルアドレスと同じIPも割り当てる。
3.ルータのDMZ、GapNAT等の機能を使用する。
3 :まっくん 2004/07/03 (土) 19:59
「2.NICにグローバルアドレスと同じIPも割り当てる。」
の方法、具体的に教えてもらえませんか?
4 :すし屋 2004/07/03 (土) 22:34
最新版のWinMXはループバック問題は解決されています。
5 :名無しさん 2012/08/30 (木) 15:53

■掲示板へ戻る■ 全部読む  ▲トップ 
お名前
E-Mail  
コメント
添付File